乳製品には注意せよ!母乳育児中の食事

母乳育児をがんばっているお母さん、毎日お疲れ様です。

母乳を飲んでる時の子供の顔を見るのはたまらなく幸せですよね。

 

でも、そんな幸せな気持ちだけでなく、いろんな我慢もしていると思います。

特に食事なんかは気を使っているお母さんが多いのではないですか?

 

自分の食べたものが、そのまま子供に行くのでやっぱり食事って気になりますよね。

では、みなさんはどんなことに気をつけていますか?

Sponsored Link

 乳腺炎時、食事はバランスが大事

4b31f83de077bcd06b13959da4de391e_s

あれはだめ、これもだめってわけじゃないんです。

たしかに、脂っこいもの、乳製品、甘いものなど過剰に取り過ぎると母乳にはよくありません。

よくないって言っているとストイックにまったく食べない人がいますが、

そんな我慢は必要ないですよ!

 

何度も言いますがバランス良く食べればいいんです。

例えば、朝ごはんは菓子パンだけ…納豆ごはんだけ…昼はインスタントラーメン…とか

一種類だけの食事ってあんまりよくないです。

 

でもそんな作る余裕ないよーって思っているお母さんいると思います。

私も最初のころは余裕なくて単品メニューでしたが、

何かをプラスできるように少しだけ努力して食事を見直しましたよ。

Sponsored Link

乳腺炎時の食事バランス、ひと工夫はどうするの?

20784814c37cfcfbbbe383abefafc09e_m

朝ごはんは、菓子パンではなく、食パンに野菜や目玉焼き、ハムなどあるものをのせて、

インスタントのスープをたしてみるとか。ご飯だったら、ちりめんやなどを混ぜ込んだり、

麺類なら必ず野菜をプラスするとかそんなものでいいんです。

 

がんばり過ぎないことも大事

野菜はカットしているものや、冷凍してあるもが売ってあるから

そんなのを主食やスープにプラスするといいと思います。

 

参考: 食事は母乳のもと!授乳期間で気を付けるべきこと

 乳製品ってどのぐらいならいいの?

乳製品は高脂肪なので取り過ぎると、高脂肪の母乳がでて、赤ちゃんが消化しずらかったり、

味が落ちたり湿疹が出たりすることがあります。

 

また、母乳の分泌量が多いため乳腺が詰まりやすくなり乳腺炎になってしまう人もいるので過剰なとり過ぎはよくありません。

しかし、カルシウムなども取れ栄養価も高いので食べてはいけないというわけではありません。

 

これぐらいだったら食べてもいいという目安もありません

その人の体質や赤ちゃんの状態によります。

 

牛乳やチーズ、バターなどを低脂肪のものに変えたり、

牛乳を投入に変えたりしていつもより少し減らすようにしてみると

ストレスにはなりにくいかもしれませんね。

 

母乳育児中の食事って気を使いますが、ストイックになり過ぎずがんばりしょうね。

 

参考: 授乳中の食事制限は必要なんでしょうか?!

Sponsored link


サブコンテンツ

このページの先頭へ