夜間断乳が超孤独にならないために・・・旦那さんにうまく協力してもらうコツ

いざ夜間断乳をしようと意気込んでみたものの、

なかなかすぐには完了出来ずに悩んでしまうママは

少なくないと思います。

 

寝かしつけはママでないとダメという赤ちゃんも多くいますが、

それでも旦那さんの協力は必要不可欠。

 

今回は赤ちゃんだけでなく家族みんなにとって

無理のないように夜間断乳を成功させていくためには

どうしたらいいのか考えてみました。

Sponsored Link

夜間断乳を決めるきっかけ・タイミング

皆さんはいつどのようなタイミングで

夜間断乳をしようと考え始めますか?

 

私の場合は離乳食が3回になって

授乳回数が少なくなってきたころに考えるようになりました。

 

それと単純に朝までぐっすり眠りたいと思うようになったからです。

 

昼間に起きている時間が増えて

遊びたい気持ちでいっぱいの娘の相手をしているので、

ママだって夜ぐらいはたっぷりと睡眠をとりたいものです。

 

いつも夜中に起こされては授乳をしたり抱っこして

再び寝かしつけてあげたりしてきましたが、

それでは一日中娘につきっきりで育児や家事をしている身体を

完全に休めることが出来ません。

 

私のわがままな理由かもしれませんが、

これをきっかけに我が家では夜間断乳を試みていきました。

Sponsored Link

夜間断乳について夫婦間で話し合ってみよう

夜間断乳は3日間ほどが山場だと言われているように、

慣れるまでは夜中に泣き出してしまう赤ちゃんを

母乳に頼らず寝かしつけてあげなければなりません。

 

いつから始めるのか私一人で決めてしまっても良かったのですが、

主人の仕事が休みの日を利用しないといけないですし、

 

それに夜間断乳は我が子の大事な成長過程の一つとも言えるので

始める時期については夫婦で色々と相談をしました。

 

男性からすれば夜間断乳とは一体どういうものなのかと思われるかもしれません。

 

夜間断乳を始めるとほとんどの赤ちゃんは最初戸惑って

たくさん泣いてしまいます。

 

そんな泣いている姿を見るのは親としても辛いものですが、

これを乗り越えれば赤ちゃんや家族みんながまた一つ成長していけるようになるのです。

夜間断乳は一人で抱え込まないで

夜間断乳は必ずしもママ一人で

背負わなければいけないものではありません。

 

今までのように授乳して寝かしつけるとなるとママでなければ出来ないですが、

そうではなくなるので旦那さんの力を借りることも大事です。

 

始める時期などを話し合ったように、

夫婦で協力して進めていくようにしましょう。

 

ママが抱っこをすると少なからず

母乳の匂いがするので余計に泣いてしまうこともありますが、

 

パパの抱っこだとその匂いを感じない為

あっさり諦めて寝てくれるという赤ちゃんも意外と多くいるものですよ。

 

夜中に起きてしまう回数が一度だけならまだしも、

一晩で何度も起きては泣いてしまうのを繰り返すようだと

ママ一人では大変です。

 

朝までぐっすり眠りたいという気持ちはママもパパも同じはずなので、

ここは夫婦一丸となって夜間断乳を成功させていきましょう。

 

育児は何事も母親がやるものだという考えは良いものとはいえません。

大事な我が子のことですから夫婦間でしっかり話して理解し合い、

思いやりを忘れずに乗り越えていけるようにしましょう。

Sponsored link


サブコンテンツ

このページの先頭へ