授乳中の胸のチクチク痛み 乳腺炎の軽い始まり?!

母乳育児をしているママさんで、授乳中に胸がチクチク痛いと感じたことはありませんか?

この痛みはどこからくるものなのでしょうか。

 

出産を経験したことある方なら、赤ちゃんが授乳中に胸がツーンとした感じになったことがあるかもしれませんが、

それは新鮮が母乳がつくられているときの感覚で、オキシトシン反応という催乳感覚です。

 

母乳量が多い方はとくに母乳がたくさんつくられるために、

胸が張ってチクチク痛い感じもあるかもしれません。

ですが、今回は乳腺炎の可能性があるときの胸のチクチク痛む場合について考えてみたいと思います。

Sponsored Link

胸のチクチク痛みの度合いと原因

19b28e92f357bc3ed27c9284f86cdda8_m

母乳育児にはおっぱいトラブルがつきものだということはご存知の方も多いですよね。

 

赤ちゃんに授乳中に胸がチクチク痛い場合、痛みに耐えられないほどではないけれど、

病気ではないかと心配してしまうママさんが多いのですが、

授乳中の胸のチクチク痛い原因は、乳腺炎になりかけているのかもしれません

 

授乳中に痛いと感じる部分は人によって違います。

胸全体・右胸や左胸だけ・乳頭部分だけが痛いなど、痛みを感じる部分も違えば痛みの度合いも、

チクチクした軽い痛みから背中まで響くような強い痛みがある方もいます。

 

では、授乳中に胸が痛む原因としていくつか挙げていきましょう。

Sponsored Link

乳腺の痛みの度合いは軽いが、胸がチクチク痛い場合

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

乳腺や乳管が詰まり始めているのかもしれません。

軽い痛みなので、ほとんどの人が病院へ行かずに我慢してしまうのですが、

 

この状態の時に放置していることでチクチク痛い程度だったものが

ジンジン・ズキズキするような痛みへと変わってしまいます。

 

胸全体から背中あたりまで響くような強い痛みがある場合は、

母乳の出口である乳口が詰まっている可能性があります

 

赤ちゃんがおっぱいを吸う時にくわえ方が浅い場合に多いのですが、

乳首の先だけをくわえていると乳口に負担がかかって塞がってしまうことがあります。

 

赤ちゃんの唾液の雑菌や傷口から細菌が侵入した場合も乳腺内で炎症を起こし、

胸に強い痛みを感じます。

 

参考: 種類・症状別!乳腺のつまりによるしこりとその対処法

 

チクチク痛みを悪化させないために

1933844d2a87b209116a05b44bf81443_m

上記にも挙げたように、授乳中に胸がチクチク痛い場合は、乳腺が詰まりかけている状態が多いです。

なので、まずは乳腺が詰まらないように気をつけましょう。

 

体質により乳腺が詰まりやすい方もいますが、対処法を知っておくことで、

痛みの改善や予防ができるようになります。

 

出産前からよく言われるように、マッサージは効果的です。

授乳前・授乳後にマッサージをして柔らかくしておくと詰まりの解消に良いでしょう。

 

参考: 母乳育児ママに乳管開通マッサージは効果的?即効性は?

 

食事も栄養バランスよく摂取するようにし、詰まりにくい母乳をつくるために、

水分をたくさん摂ることも大切です。水分をしっかりとることで、母乳がサラサラになり、詰まりにくくなります。

 

あとは、こまめに授乳・搾乳することです。

古い母乳が乳管の中に残っている状態にしておくと乳腺炎になりやすいので、

搾りきってしまわない程度に母乳を外に出すようにしましょう。

 

参考: 乳腺炎予防・・・搾乳って一日何回するのがベストなの?

 

授乳中の姿勢も重要です。いつも同じ方向からではなく、

毎回抱き方を変えるといいですね。

 

最後になりますが、授乳中に胸がチクチク痛い感じがするときは、

我慢できる痛みであっても放置しないようにしてください。

 

痛みが強くなってくると普段の生活にも支障が出てきます。

トラブル知らずの母乳育児で、楽しい授乳ライフを送りましょう。

Sponsored link


サブコンテンツ

このページの先頭へ