突然の寒気と高熱!乳腺炎で高熱が出た時の応急処置と3つのコツ

私が乳腺炎になってしまったときは、ちょっと胸が張っているなーなんか痛いなー

と思っていたら、夜中に高熱が出てそのまま動けなくなってしまいました。

 

 寒さに震えて夜を過ごし朝には発熱で38℃越え

加えておっぱいが痛すぎるので病院にいったら見事「乳腺炎」の診断が下りました。

 

 突然襲ってくる寒気と高熱も乳腺炎の症状の一つだったのです。

寒くて布団をかぶってもちっとも温まらずガタガタ震えるほどでした。 

Sponsored Link

乳腺炎の初期症状「高熱と寒気」を見逃さないようにしよう

cb6a37f8e048f29a6295ccdafeb3aae0_m

乳腺炎の初期症状は様々です。

本格的に痛くなる前にここで気を付けていれば!という事が色々ありました。

 

 どちらかの又は両方の乳房がチクチク痛む。

後から考えたら、確かに痛かったんですが、そんなに痛くなかったのでスルーしてしまってました。

乳房にしこりがある。

これもスルー。上記のようにそこまで痛くなかったので、ただの張りと思っていました。

・乳頭にポチッとニキビのようなできものが出来ていました。

赤ちゃんに吸われるととても痛いです。でも乳腺炎の初期症状と気づきませんでした・・・。

 

 こんなにわかりやすい症状でも、当時は「乳腺炎かも」なんて全然考えていませんでしたね。乳腺炎は知っていましたがすごーく他人事でした。のんきなものですね~。 

Sponsored Link

自宅での応急処置3つのコツ|乳腺炎の高熱

夜中や日曜日など、すぐに病院に行けないときは、とりあえず自宅で応急処置をしてやり過ごさなければなりません。一晩でぐんと悪化することもありますからね。

 応急処置のコツ

  • とにかく赤ちゃんに飲んでもらう。

赤ちゃんにたくさん吸ってもらうのが回復への一番の近道です。

授乳の際はしこりを指で乳首方角に押して、溜まっている母乳を押し出すこと。

 助産師さんからはしこりの方角に赤ちゃんの下唇または上唇が来るように飲ませるとしこりをよく吸ってくれます。とのアドバイスをいただきました。

 

  • おっぱいを冷やす

おっぱいを温めると母乳を作ってしまい、ますます痛みが増してしまいます。お風呂に入るときシャワーのみにしましょう。

 しこりが熱を持っているときは冷えピタやタオルに包んだ保冷材などで乳房を冷やしましょう。痛みも和らぎますよ。

 ただし、授乳するときに冷えていると脂肪が固まって出が悪くなるので、授乳の直前は冷やすのを止めて、手で少し温めるといいそうです。

 

  • 水分を控える

しこりができてしまったときは水分を控えましょう。水分をたくさん取ると母乳もたくさん作られます。水分補給は暖かいお茶などを少しずつ飲むようにしましょう。 

応急処置で飲める市販の薬

f4b72ca9a3fa18877d7e78180f569bae_s

高熱がどうしてもつらいときは、応急処置として授乳中に飲める市販の薬で乗り切るのも有効です。市販の薬を飲むときは用法容量をよく読んで、正しく服用しましょう。

 ゾクゾクする寒気を伴う発熱には「葛根湯」を飲むと効果があります。葛根湯は身体を温めて血行を良くし頭痛などの痛みを和らげる効果があります。

 また、葛根湯に含まれる「甘草」は炎症を抑える作用があるので、乳腺が炎症を起こしている乳腺炎にも効き目があります。

 「イブA錠」や「イブクイック」といったイブプロフェン系や「タイレノールA錠」などのアセトアミノフェン系の解熱鎮痛薬は成分の母乳移行が少ないので授乳中でも飲める薬です。ただし服用したら病院に行ったとき必ず医師に告げましょう。

 ロキソニンSは、母乳移行は少ないとされていますが、授乳期の服用は安全性が確立していないので医師に相談してからの服用をおすすめします。また、バファリンは授乳期には飲まないよう製薬会社から説明されています。

Sponsored link


サブコンテンツ

このページの先頭へ