キャベツ湿布の作り方 ・効果

乳腺炎などで患部を効果的に冷やすための手段のひとつとして、

キャベツ湿布は比較的手軽にできるもののひとつです。

 

湿布の作り方は簡単、キャベツの葉を剥がして患部に乗せるだけです。

ぬるくなったら取り替えます。これだけで、しっかり効果が見られるので、手軽で良いですね。

 

が、キャベツの葉は雑菌がつきやすいため、

できればサッと茹でて、しっかり冷ましてからキャベツ湿布として使う作り方がベストです。

Sponsored Link

キャベツ湿布 vs 冷却シート

とは言え、発熱などで辛い時にいちいち鍋を出してゆでる手間を考えるだけでも疲れると思います。 

キャベツの葉は外側の方が雑菌が付きやすいので、

1、2枚剥がしてからキャベツ湿布として使うのが良いでしょう。

 

また、2分の1カットのものなどは断面から雑菌が入りやすいので、

キャベツ湿布に使うならキャベツ1個丸ごと買うようにしましょう。

 

筆者自身、つい最近風邪で発熱して、一瞬キャベツ湿布のことを考えました。風邪をひく前日、たまたまキャベツを買ったばかりだったからです。

 

しかしいくら作り方が簡単だとは言え、発熱で疲れている時にはキャベツを持つことさえ億劫で、いくらキャベツ湿布が効果的だとは言われても、作る気が全く起きませんでした・・・・。まして、その他の湿布の作り方を調べながら作るなんて、考えもしませんでした。

 

結局、普段から冷蔵庫で冷やしてある冷却シートを使ったのですが、封を開けてシートを剥がすだけでも億劫でした。 しかし冷却シートは効果も長いので、ひたすら寝ている時などにはやはり最適です。

 

キャベツ湿布や、その他自然の素材を使った湿布は、手作りの安心があるかもしれませんが、マメに取り替える手間があります。作り方に手間がかかるものもあります。

 

自然素材の持つ効果が炎症を抑えたり、患部を効果的に冷やしたりする場合もあるのですが、ただ冷やすということに関して言えば、冷却シートやタオルなどで包んだ保冷剤などを使っても効果に差はありません

疲れている時に、ネットで作り方などを調べながら湿布を作るのは、やはり大変です。

また休息が体調改善には一番効果的ですから、湿布の作り方を考えることさえ億劫だと思うような時には、迷わず市販品を使ってください。

Sponsored Link

 病は気から!自分の信じているモノを使う。

まず体を休めて、少し良くなって起きられるようになったら、改めて湿布の作り方を調べ、試してみるのも良いでしょう。

前述のように、キャベツ湿布は作り方を調べるまでもなく、簡単で効果的な方法なので、症状が軽い時や、少し良くなってきた時などにはおすすめの方法だと思います。

しかし病は気から、という言葉もあるように、キャベツ湿布でも、その他の天然の湿布でも、冷却シート等でも、これが一番効果がある!と自分で信じて使っていれば、実際にそれが一番効果が見られるものです。

つまり、この方法が絶対一番効果的!というものは特にありませんので、自分がやりやすいと思う方法を試してみてくださいね。

Sponsored link


サブコンテンツ

このページの先頭へ