授乳の時に乳首が痛い!乳頭にできる透明な水ぶくれを治す3つの方法

65417971fe2cef3c66a7dcdbbde80d61_s

授乳期間中は特に乳首のトラブルに悩まされることが多いものです。

 

私も子供が授乳期間中は乳首のトラブルに悩まされました。

なんといってもとても痛いですよね。ヒリヒリズキズキ・・・。

それをさらに吸うわけですから、ママは本当に大変です。

 

痛む乳頭をよく見てみると、水ぶくれ状になっている事があります。

水ぶくれが出来ると授乳中痛いだけでなく、感染症にかかる危険も生まれます。

 

水ぶくれは白いものや透明なものと色々ありますが、

今回は透明な水ぶくれの原因と痛みを和らげる方法を調べてみました。

Sponsored Link

水ぶくれができる原因

授乳が始まると赤ちゃんは頑張って吸い付きますが、

赤ちゃんの吸う力は実はすごく強いのです!

 

しかも最初の頃は乳首の伸びも悪く、

赤ちゃんの口も小さいので上手に吸えません。

 

吸いが浅いと乳首の先を潰すように圧がかかってしまい、

そのせいで水ぶくれができてしまいます。

靴擦れの水ぶくれと同じ要領でできるようですね。

 

授乳中、乳首が引っ張られる以外の痛みがあるときや、

授乳後、乳頭が血の気がなくなった白い筋が出来るほどつぶれていたら要注意です。

これらは水ぶくれができる前兆ですよ。

 

水ぶくれは一個でもとても痛いですが、

中には5~6個も出来てしまった不幸なママもいます。

治っても再発するママもいます。考えるだけで痛いですね・・・。

Sponsored Link

出来てしまった水ぶくれの対処法!

一刻も早く治して痛みをとりたい水ぶくれですが、

破いてしまうとそこから雑菌が入って細菌性の乳腺炎を引き起こしてしまう恐れが。

自己流で針でつぶしたりしないでくださいね。

 

対処法① きっちり深吸いさせる

透明な水ぶくれの中身はママの体液です。赤ちゃんが飲んでも害は無いのでご安心を。

赤ちゃんに口が大きく開いた時を狙ってガッと含ませます。

下唇がちゃんと外にめくれていること、乳輪がほとんど見えないくらい含んでいるかを確認しましょう。

 

対処法② 保護クリームを塗る

授乳後、保護クリームを塗って乾燥や破れを防ぎましょう。

授乳乳頭用の「ピアバーユ」や「ランシノー」を使えば次の授乳の時も拭き取らずにそのまま授乳できます。

痛みもかなり和らぎます!

 

対処法③ 乳頭保護器を使う

授乳がひどく痛い時は、乳頭保護器でガードして授乳しつつ回復を待ちます。

ちなみに母乳そのものにも傷を治す力があるそうです。

授乳後、母乳を塗ってラップを貼り付けると痛みも和らぎ。傷も回復が早くなりますよ!

水ぶくれを作らない!3つの予防法

1~2か月の頃にできる水ぶくれは乳首がまだ「弱い」事がほとんどの原因です。

慣れてきたころに出来るのは赤ちゃんの吸い方にクセが出たり、

添い乳ばかりになっているとできやすいようです。

 

水ぶくれを作らないためには、浅吸いにならないように気を付けることはもちろん、

吸わせ方にも工夫が必要です

 

授乳は、圧が乳首の一点にかからないように抱き方を度々変えて飲ませてください。

添い乳は、浅吸いになりやすいので痛むときは控えましょう。

 

1回の授乳時間を15分ほどで終わらせると乳首の負担も少ないようです。

ダラダラいつまでも吸い付いているのは水ぶくれを作る原因!

 

ちなみに吸い付いているのを外すときは、にょーんと乳首を引っ張って外してはいけませんよ!

小指を赤ちゃんの口の横から差し込んでキュポっと外してくださいね。

Sponsored link


サブコンテンツ

このページの先頭へ