断乳後に必ず起こる!頭痛や吐き気は「ホルモンバランス」が原因だった

意外と知らない人が多いのですが、

実は断乳後、頭痛や吐き気による体調不良をおこす人がたくさんいます。

 

頭痛や吐き気からはじまり、

めまいや身体のだるさといった症状が出てきます。

 

断乳が無事に成功してほっと一安心と思ったら

体調不良なんて大変ですよね。

 

なぜ断乳後体調不良になってしまうのか、

良くするにはどうすれば良いのか紹介していきます。

Sponsored Link

断乳後に頭痛や吐き気がおこる原因

断乳後急に体調を崩してしまう原因は、

ホルモンバランスが急激に変化することが原因だと言われています。

 

断乳は赤ちゃんが徐々におっぱいを吸わなくなる卒乳とは違い、

いきなり授乳をやめるため卒乳よりも大きなホルモンバランスの変化がおこります。

 

母乳をあげいる間はプロラクチンというホルモンが分泌されていましたが、

授乳をやめるとそのプロラクチンが減少して

プロゲステロンというホルモンの分泌が増えます。

 

このホルモンの変化が、断乳することにより急激におこり、

頭痛や吐き気などの体調不良がおこります。

 

断乳による体調不良は

1ヵ月から長くて3ヵ月程度続くと言われています。

Sponsored Link

断乳後の体調不良を少しでも良くする方法

断乳後頭痛やめまい、吐き気や身体のだるさがあると

家事や子どもの面倒をみるのが辛くなってしまいますよね。

 

そんな辛い体調不良を少しでも良くするためには

ホルモンバランスを整えることです。

 

ホルモンバランスを整えるためには、

バランスの良い食事や適度な運動、

ストレスを溜め込まずにリラックスして過ごすことが大切です。

 

あまりにもひどい場合は産婦人科を受診すれば、

ホルモンバランスを整える薬を出してくれるそうなので、

ひどい場合は我慢せずに産婦人科を受診しましょう。

断乳後の頭痛や吐き気|まわりの人を頼ることも大切

断乳により体調不良になってしまったら

無理せずにまわりの人に協力したもらい少し休むことも大切です。

 

パパや親を頼れない場合は一時保育を利用するなどして

たまにはママもゆっくりお休みしましょう。

 

体調を崩しているのに無理をしてしまうと余計にひどくなってしまったり、

なかなか治らずに長引いてしまいますので、

思い切って休んで早く治すことも大切です。

 

仕事復帰のために断乳する人もいると思いますが、

いきなり仕事を頑張りすぎると断乳による体調不良が

さらにひどくなってしまう場合があります。

 

あれもこれもと自分1人で抱え込まず、

出来れば家事や育児はパパと分担して行うようにしてもらいましょう。

Sponsored link


サブコンテンツ

このページの先頭へ